協栄テックス株式会社

お問い合わせ:TEL 019-652-1145/FAX 019-623-6189

環境・衛生管理事業

協栄テックス株式会社は、清潔と安全に配慮した環境づくりを主題に、病院・医療施設、オフィスビル、食品工場などのクリーンメンテナンスを行っております。

 昨今、ウイルス感染症(インフルエンザ、SARSウイルス等)やMRSAなど、病院感染が今日的課題となっています。弊社では感染安全対策に寄与すべく、清潔環境の向上に努めることが時代のニーズと考えております。
 弊社では清潔環境向上のために、「光触媒と銀による病院環境の維持システム」を構築し開発しました。これは最先端テクノロジーである「光触媒+銀」と「プロヘリオス(樹脂性抗菌床材+銀)」の素材施工をします。光触媒は消臭と殺菌に効果があります。これらは室内の臭いの元となる原因を抑制するシステムです。

 クレンズメンテナンスサービスは、新しい清潔環境創造システムとして、皆様に提供できると確信しています。

病院清掃

協栄テックスでは、毎日6000床もの病院の衛生環境を守っています

感染予防は管理から始まる:病院清潔革命

 弊社は、一般財団法人医療関連サービス振興会のガイドラインに基づく院内清掃業務における「医療関連サービスマーク」の認定を平成6年に受け、病院清掃の適合業者として病院清掃の質の高いサービスを提供してまいりました。
 さらに、平成14年にISO9001を認証取得し、品質の向上と維持に努めるとともに、平成17年にはISO14001の認証を取得し、環境に配慮した資機材の使用や環境保護に対する様々な取組みを行っております。また同年の個人情報の保護に関する法律の施行に伴い、平成21年にJISQ15001:2006の認定をうけ、個人情報の取扱いについて適切な安全管理・保護措置に取り組んでおります。

  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃

Mission Statement 任務を全うすることを誓います

 弊社の病院や老人福祉施設における清掃は、CDC(アメリカ疾病対策センター)ガイドラインに準拠した清掃マニュアルの実施(ゾーニング毎の資機材の区別、標準予防策の整備等)とホスピタルマナーの順守を規範に、病院・老人福祉施設等における環境の安全、衛生、清潔、快適性を確保し、質の高いサービスを提供しています。
近年「新型インフルエンザ」や「ノロウイルス」など院内感染が社会問題と、作業従事者には感染予防に必要な知識、技術を身に付けさせ、作業従事者自らが汚染源とならないように、健康維持を徹底させる教育を行っています。
 弊社は毎日約6000床の病院・医療施設のメンテナンスを請け負っている実績が評価されています。

  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃
チーム医療の清掃専門スタッフとして快適でクリーンな環境をご提供します

チーム医療の清掃専門スタッフとして
快適でクリーンな環境をご提供します

病院清掃の基本はホコリ・細菌の除去が基本です。
CDCアメリカ疾病予防管理センター「医療施設における環境感染管理のためのガイドライン」に基づき血液、体液、分泌物、排泄物、汚染物を感染性ありとして対応した清掃方法です。

  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃
  • 協栄テックスの病院清掃

強アルカリイオン電解水を使用した清掃も行っております。

おもな取り扱い資材

感染から人を守る病院清掃ご提供のために、弊社改良の医療施設専用モップ「CDメディカルモップ」およびEPA登録のクリーナーを取り扱っております。

環境除菌・洗浄剤ルビスタ

キョーリンメディカルサプライ株式会社のルビスタ製品を取り扱っております。

こんな悩みでお困りのオーナー様

  • 病院管理費が高いのでは?
  • 現在の清掃品質が気になる?
  • 臭気が気になる
  • カビが気になる

私たちは常に環境を意識した清掃を心がけ、「人と自然が共生する豊かな環境の清掃」を目指しております。

・床清掃   ・壁面清掃  ・玄関ホール、エレベーター清掃  ・トイレ清掃
・給湯室清掃 ・清掃用具及びペーパー類
お問い合わせはこちら

TEL 019-652-1145  FAX 019-623-6189

定期的にATP検査を実施、院内の清掃状況を確認いたします

ATPふき取り検査測定とは

ATP測定法とは、すべての生物の細胞内に存在するATP(アデノシンサンリン酸)を酵素などと組み合わせて発光させ、その発行量(Relative Light Unit;RLU)を測定する方法です。

細胞内の存在するATPは、酵素であるルシフェラーゼなどと反応させることにより発光します。この発光量はATP量が多いほど発光量が増します。この方法を利用して、食品業界や医療機関などでは器具の汚染調査、清浄度調査などに利用されます。

特に外来者が多く、保菌者がいる病院や高齢者施設のような特殊施設では、院内感染予防や交差汚染リスク低減の一環として、汚染経路となる「タッチポイント(コンタクトポイント)」を衛生的に保つ、清潔管理や特殊清掃や通常清掃後の効果の確認にATPふきとり検査測定器が採用されています。

製品情報:CDメディカルモップ
製品情報:洗剤・クリーナー
ルビスタ
キョーリンメディカルサプライ株式会社のルビスタ製品を取扱っております
アメリカ研修視察2017の報告
ページトップへ戻る